Loading...
千葉県松戸市の訪問看護ステーション

Member

メンバー

  • HOME »
  • メンバー
自宅で暮らしたい方を一緒に支えましょう
工藤 由美子(くどう ゆみこ)
管理者 看護師
都立病院勤務や看護学校専任教員を経て大学院修士課程で看護管理・教育を専攻。在学中非常勤で訪問看護に携わる。修了後は病棟師長、看護部教育室長等を務め、2010年から訪問看護に従事。2015年6月の当ステーション立ち上げ時から現職。
Message -メッセージ-
"ご自宅での訪問看護"は、看護職が利用者・家族から癒やされ・パワーを頂きながら仕事ができます。急性期治療を終えて自宅に戻られる方、病識が薄い独居高齢者の方、自宅で最期を迎えたいという方など、各人各様の生活を営んでいる人たちが訪問看護ステーションからの支援を求めています。当訪問看護ステーションでの勤務にこれまでの経歴や年齢を心配される必要はありません。自宅でできる限り安寧に暮らしたいという方々を支えてみたいと少しでも感じられたなら、是非一度私達の訪問看護ステーションを覗いてみませんか。
訪問看護は何歳からでも始められる
佐藤 あゆみ(さとう あゆみ)
看護師 2015年入職
東京都出身。総合病院小児科、リハビリ専門病院など計6年勤務。その後、出産などで7年のブランクの後復職。クリニック12年、並行してデイサービスで9年間勤務中、在宅医療に興味を持つ。現ステーションでは立ち上げから関わる。

看護の原点を感じられる職場
品田 裕子(しなだ ゆうこ)
看護師 2015年入職
准看護師から25歳の時に正看護師となり外科系病棟で勤務。その後NGOスタッフとしてアフリカや中東の紛争地などで医療活動を行う。日本滞在時に訪問看護師として働き所長も経験。現在、働きながら大学院博士過程にて在宅看護関連の研究をしている。

笑顔をたやさずに!!
古川正子(こがわしょうこ)
看護師 2019年入職
卒後、国立病院に入職し胸部外科混合病棟にて勤務。一旦退職後、復帰し某総合病院の外来全般、透析に従事。他病院に転職、外来全般、内視鏡混合、ICU病棟を経験。その後、介護施設を経て現在の訪問看護ステーションに常勤として勤務。一人一人と向き合える時間を大切にし、その人らしく生活できるよう、寄り添って手助けしていけたらと思い仕事に入っています。

住み慣れた地域で自分らしい生活を
生繁孝之(おいしげ たかゆき)
理学療法士 2018年入職
理学療法士の資格を取得した直後から都内にある訪問看護ステーションに勤務していました。当時の経験を活かして、当ステーションで勤務しています。

日々の訪問業務の中で、周囲との連携を密にしていくことが特に重要であると感じています。
住み慣れた地域でその人らしさを忘れずに生活していける方法を一緒に考えて、探っていきたいと思っています。
PAGETOP
© てあてリハビリ訪問看護ステーション松戸 ALL RIGHTS RESERVED.